南阿蘇村のこと

南阿蘇ってどんなところ?

南阿蘇村は、阿蘇カルデラの南部、阿蘇五岳と外輪山に囲まれた南郷谷に位置し、平成17年2月13日に旧熊本県阿蘇郡白水村、久木野村、長陽村の3村が合併して発足した新しい村です。環境庁の「日本名水百選」に選定されている白川水源をはじめとする湧水群があり、「水の生まれる郷」として湧水が村民の暮らしに豊かな恩恵をもたらしています。
基本理念は村民中心のむらづくりで、目指すは、活力がありのどかで穏やかな、住みたい、住み続けたい「むら」であるとして、以下の3つのキーワード「K」の視点を大切に、むらづくりに取り組んでいます。

「暮らし」とは、「むら」ならではの暮らしを実現することです。大自然の中で、子どもがすくすくと元気に育ち、お年寄りは生き生きと健康であり、安心・安全な生活基盤がある。そんな、すべての村民が幸せを感じられる暮らしの実現を目指しまています。「環境」とは村民すべてが誇りとする「水」と、古来より先人が営々として守り伝えてきた雄大な景観に代表される自然の魅力です。村として、環境にやさしい暮らしの実現、資源の生産から再生可能エネルギーの創出までを地域で循環するモデルの検討など、環境立村を目指しています。その環境を活かして、「活力」を生み出そうというものです。

村の一押しポイント

「人と自然が共存する、みんなの故郷(ふるさと)、南阿蘇村」
ここは、水の生まれる郷。
阿蘇山を望む見晴らしの良い風景、多彩な泉質を持つ温泉、
白川水源をはじめとする湧水群、
世界遺産にも認定された自然環境、
美しい水で育った農作物…

その中で暮らす人々との心と心のつながりを実感できる村です。

南阿蘇桜さくら植木まつり(春)

桜と菜の花のコントラストが美しい南阿蘇の桜の名所「一心行の大桜」

樹齢400年余り、樹高14m、枝張り東西21.3m、 南北26m幹周り7.35mの大桜で、菜の花畑との コントラストが美しい。ウォーカープラスの全国お花見 1000景 「九州・沖縄の人気お花見スポットランキング」や、 「九州・沖縄の行ってみたい桜名所ランキング」で第1位に なった人気の桜の名所です。 開花期間中には屋台などが並ぶ祭りが開催され、 満開から3日間は夜のライトアップも行われます。

あそ望の郷くぎの 夏祭り(夏)

阿蘇山を一望できる道の駅「あそ望の郷くぎの」で夏祭り

地元南阿蘇の出店など屋台が並び、ステージでもライブや 抽選会、浴衣コンテストなどが行われ、 クライマックスには花火が打ちあがります。 また、会場の「道の駅あそ望の郷くぎの」は、 阿蘇山を一望できる景観で、南阿蘇の中心的な観光施設です。

新そばまつり(秋)

新そばの収穫を祝う南阿蘇の秋の祭り

秋に南阿蘇村では、そばの白い花がきれいに咲き誇ります。 11月になるとそのそばの実から作られる新そばが登場。 「久木野そば研修センター・そば道場」では、毎年新そば まつりが開催され、そば打ちの実演や、新そばの販売、 そば大食い大会などが行われます。 また、そば道場では、自分で蕎麦を打つ「そば打ち体験」が でき、その場で食べることができます。

どんどや(冬)

無病息災と五穀豊穣を祈る小正月の行事

小正月の行事で、お正月で使用した松飾や注連縄(しめなわ)、 書初め、お餅を各家庭から持ち寄り、 今年一年の無病息災と五穀豊穣を祈って燃やします。 幾重にもなった竹がパチパチと燃える様子は迫力たっぷりで、 子どもから大人までが集まり、楽しむ冬の風物詩。

主なイベント

南阿蘇村では、年間を通じて魅力あふれるさまざまなイベントや行事が 開催されています。こちらでは、伝統文化をつないでいく地域のお祭りや、自然を堪能できるイベントを紹介します。

南阿蘇村・紅葉トレッキング「山コン」

毎年11月3日(祝)に南阿蘇村で開催。トレッキングや薪割り、たき火などのアクティビティを行ないながら男女の交流をはかる「山コン」。定員男女40名ずつ毎年約80名が参加し、第1回目は16組、第2回目は10組、第3回目は19組のカップルが誕生しました。

カントリーゴールド

1989年、熊本出身のカントリー歌手、チャーリー永谷氏に より立ち上げられた国内最大級のカントリー ミュージック・フェスティバル。 雄大な南阿蘇の自然の中、カントリーダンスを 踊ることができます。 開場の熊本県野外劇場アスペクタは、世界最大級の野外劇場で 阿蘇の山々を見渡すことができるロケーションです。

阿蘇ロックフェスティバル


撮影:宇宙大使☆スター
©阿蘇ロックフェスティバル

長野阿蘇神社 秋季大祭「長野岩戸神楽」

南阿蘇村長野地区の長野阿蘇神社の神楽殿では、300年以上の 歴史を持つ「長野岩戸神楽」が 五穀豊穣の願いを込めて春と秋の例祭で奉納されています。 「長野岩戸神楽」は国選択無形文化財の指定を受けている 伝統芸能となっており、 現在は33座受け継がれ、毎年約10座行われています。祭りの 見どころ10メートルを超す青竹を登り、天孫降臨の場面を 表す「天王注連(てんのうしめ)」は圧巻です。