支援制度一覧

妊娠期・産後期内容お問い合わせ先
母子健康手帳妊娠がわかったら、健康推進課窓口で母子健康手帳の交付を受けてください。母子健康手帳はお母さんとお子さんの健康を守るためのものです。健康診査、産科や小児科での診察、予防接種、保健指導などを受けるときは必ず持参し、必要に応じて書き入れてもらいましょう。手帳の記録はお子さんの健康診断のときの参考となるばかりでなく、予防接種の公的記録として就学後も役立つものなので、紛失しないように注意してください。健康推進課
妊婦健康診査・妊婦歯科検診妊娠中に起こりやすい病気などを予防するための健診です。県内の委託医療機関で健康診査が受けられます。受診券は母子健康手帳交付時に一緒にもらえます。歯科検診は、村内の委託医療機関で受けられます。健康推進課
熊本県ハートフルパス公共施設や店舗などさまざまな施設に設置されている障がい者用駐車場を適正にご利用いただくため、障がいのある方や高齢の方、妊産婦の方など歩行が困難と認められる方に対して、県内共通の利用証(ハートフルパス)を交付をしています。妊娠7ヶ月から産後3ヶ月まで利用できます。ハートフルパスは、平成27年度から住民福祉課で交付しています。住民福祉課
助産施設経済的な理由により、病院等で出産できない妊産婦のための入院出産施設を利用できます。利用できる方は住民税課税状況等一定の条件があります。住民福祉課
すこやか出産祝い金お子さんの誕生を祝うために、村からお祝い金の支給を行っています。出生届と同時に申請をしてください。第1子第2子一人50,000円、第3子以降一人100,000円を支給住民福祉課
乳幼児医療費給付金0歳~小学校入学前までのお子さんの医療費を全額(高額療養費・付加給付分を除く)助成いたします。償還払いにより助成を致しますので、医療機関の窓口で支払った後、申請が必要です。住民福祉課
児童手当支給対象者
0歳~中学生歳未満15,000円
3歳~小学校修了前10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)中学生10,000円
所得制限があります。所得制限超過の場合は、児童1人当たり月5,000円の特例給付を受けられる場合もあります。
住民福祉課
赤ちゃん訪問お子様の生後1ヵ月健診(医療機関にて実施)後から生後3ヵ月までの間に、ご家庭に保健師が訪問して、育児についての御相談をお受けしています。健康推進課
母子栄養食品助成事業非課税世帯を対象に、粉ミルクを月1缶支給しています。(1歳まで)健康推進課
乳幼児健診(4ヶ月7ヶ月1歳6ヶ月健診3歳児健診)対象月に身体測定、問診、内科診察、保健指導、栄養指導を行っています。1歳6ヶ月児、3歳児は歯科診察もあわせて行っています。(希望者にはフッ素を塗布をしています。)健康推進課
ブックスタート絵本を通して赤ちゃんと保護者の方が豊かな時間を過してもらうきっかけを作ってもらうため、6ヶ月相談時に絵本の読み聞かせと絵本のプレゼントをしています。教育委員会
歯っぴい健診(1歳児健診)身体測定、問診、保健指導、歯科診察、歯科指導、栄養指導を行っています。希望者にはフッ素塗布ができる受給者証を発行しています。(12回分)健康推進課
育児相談毎月第2火曜日(月により変更もあり)白水保健センターで行っています。また随時個別相談も行っています。健康推進課
予防接種(乳幼児期)予防接種の種類ヒブ小児用肺炎球菌四種混合BCG麻しん・風しん日本脳炎水痘村の委託医療機関で個別接種を受けてください。健康推進課
チャイルドシート購入費助成乳幼児の交通事故防止のためチャイルドシート購入費の助成を行っています。助成額は購入額の半額(3万円上限)です。総務課
地域子育て支援センター(わくわくひろば)長陽保健センターで月曜日~金曜日まで実施しています。就学前のお子さんがいるパパ、ママ、じいちゃん、ばあちゃんが気軽に集まって交流が出来る場です。子育て相談親子交流イベント等を行っています。住民福祉課
ファミリーサポートセンター子育ての援助を受けたい人(依頼会員)と子育ての援助を行いたい人(協力会員)が会員となり会員組織です。通院や冠婚葬祭などの時、短時間お子さんの預かりを行うものです。H28年度より事業開始予定→延期社会福祉協議会
すこやか成長祝い金(満3歳)村に住所を有する方が第3子以降の子どもを出産し、そのお子さんが満3歳に達した場合、一人20万円を支給されます。住民福祉課
保育所等村には公立保育所が3園あります。その他村外保育所、認定子ども園への入所委託も行っています。(広域入所要件を満たし、村外市町村から受託された場合のみ)。入所するためには一定の条件を満たしていることが必要です。就労等状況により保育時間が異なります。住民福祉課
一時預かり(保育所)自宅で保育をしている保護者の出産や病気・けがによる入院、またはご家族の入院の看護及び付添いなどの緊急の理由で、一時的にお子さんの保育ができないときに、村内保育所等にお子さんを預けることが出来ます。村内各保育所
延長保育(保育所)保育所に入所しているお子さんで、保育所が開所している朝7時~夕方7時までの間で、必要がある場合延長保育の受け入れを行っています。村内(入所)保育所
多子世帯支援事業(保育所・認定子ども園)3人以上のお子さんがおられる多子世帯等のお子さんが保育所や認定子ども園に入所された時に、保育料の軽減が受けられます。条件:18歳未満の子どもが3人以上いる世帯で第3子以降が3歳未満の世帯多子世帯・ひとり親世帯で年収350万未満の世帯住民福祉課
私立幼稚園就園奨励費支給私立幼稚園の保育料の減免が受けれます。市町村民税の課税額により減免の金額が異なります。手続きは入園する幼稚園が行います。幼稚園・教育委員会
ランドセル支給(小学校入学時)小学校入学時に村よりランドセルの贈呈を受けられます。教育委員会
子ども医療費助成お子さんの小学校~満18歳に達する日以後、最初の3月31日まで医療費を補助費の補助。医療機関の窓口で支払った後、役場での申請が必要です。年間100,000円上限に助成が受けられます。住民福祉課
放課後児童クラブ(学童保育)保護者の方が仕事などで小学校の放課後に保護者の方が家庭にいない児童を対象に実施しています。小学校の放課後の安心な居場所として村内に4クラブ(白水小久木野小南阿蘇西小立野1年~6年生まで)を開設しています。住民福祉課
放課後子ども教室小学生の放課後の居場所づくりのために、小学校の空き教室や余裕教室を利用して週2回行われています。教室では、地域の人が指導者となり、学習・レクリエーション・物づくり等の様々な体験活動が行われています。実施曜日は、各小学校で異なる。教育委員会
子ども医療費助成お子さんの小学校~満18歳に達する日以後、最初の3月31日まで医療費を補助費の補助。医療機関の窓口で支払った後、役場での申請が必要です。年間100,000円上限に助成が受けられます。住民福祉課
通学かばん支給(中学校入学期)お子さんの中学校入学時に通学かばんの贈呈を受けられます。教育委員会
教育資金利子補給事業お子さんが高等学校又は大学等に修学する時の金融機関から借り入れる教育資金の支払利子について、年50,000円を上限に利子補給を受けることが出来ます。教育委員会
ひとり親家庭等医療費助成ひとり親世帯等の子、保護者の医療費助成事業。医療費の2/3を助成。(別に乳幼児医療、子ども医療の助成制度があります。いずれかの選択となります。尚、子ども医療の受給者は助成額上限を超えた場合に超えた部分について助成が受けられます。所得制限があります。)住民福祉課
児童扶養手当離婚等により父又は母と生計を同じくしていない児童の健やかな成長のため、生活の安定と自立の促進を目的として支給する手当です。所得制限があります。住民福祉課